マンション1棟買いの投資【将来安定サポーター】

不動産

家賃保証制度なども活用

マンション

今後のマンション投資は、経営の失敗を避けるためにも超高齢化社会と人口減少を見据えた賃貸ニーズに応える必要があります。またマンション投資で失敗する人には共通した特徴もあるので、成功のために他山の石とすべきです。

投資対象の選定が重要

ビル

安定的な収益の確保

以前から資産は三分割してリスクヘッジを行うことが重要とされていました。預金と有価証券と不動産へそれぞれ3分の1ずつ振り分けることです。世界的な低金利時代が到来しており、預金を3分の1保有することは意味を持たなくなっています。今後は預金から有価証券や不動産へ振り分ける金額が増加する可能性があります。有価証券投資は債権は安定していますが、株式はリスクが高くなっています。不動産は投資対象によってボラティリティーが異なりますが、マンション1棟買いは比較的安定的な収益を期待することが出来ます。住宅はオフィスや商業のテナントと異なり、一遍に入居者が激減することは考えにくく、退去しても比較的早く入居者を見つけることが出来ます。

海外からの投資マネー

最近の日本では海外からの投資マネーの流入が顕著になっています。マンション1棟買いにも海外マネーが流入しています。マンション1棟買いは金額が大きくなりますので物件の立地が重要な要素になっています。三大都市圏の中心地域に立地しているマンションがマンション1棟買いの対象としては最適です。現在の不動産取引は収益還元によって行われておりますので売り手は買い手に対して情報を公開しなければなりません。一般的には守秘義務契約を締結のうえ情報を公開します。情報には建物のハードの情報から入居者の契約や賃貸収支を開示する必要があります。特に部屋ごとの収支を一覧いしたレントロールが買い手の取得可否の判断材料となっています。

国内から海外向けの情報も

セミナー

近頃不動産投資セミナーが人気となっている理由は、不動産投資のノウハウについてゼロから学ぶことも出来る点です。また不動産投資セミナーに参加する場合はどのセミナーに参加すれば良いか、セミナーの内容や対象などもチェックします。

経営を学ぼう

セミナー

マンション投資を行うためには、まず短期保有による転売が前提となるのか、あるいは長期で家賃収入を得るのかを決めておくことが大切です。そのようなノウハウを学べるセミナーを選んで参加することによって、効率良く資産運用を行えます。